酵素について、もう少しだけ詳しく。

健康食品の酵素と、私たちの体内で作られる酵素は別物、なのです。

んじゃ、私たちの体で作られる酵素は、どんなものがあるの?
いったいどんなことをしているの?

ということについて、詳しく見ていきましょう。

改めてもう一度。酵素とは?

私たちの身体の中には、さまざまな臓器があります。

これらの臓器を形成している細胞が、その臓器の仕事を助けるためにそれぞれの酵素を分泌しています。

体内で作り出された酵素は、食べ物の消化・吸収・解毒・細胞合成・神経伝達など生きる上で欠かせないさまざまな働きを担っています。

例えば、胃や腸からはさまざまな消化酵素が働いて食べ物を細かく分解してくれます。

肝臓には約2000種以上の酵素があるといわれていて、腸から送られてきた栄養分を、代謝して貯蔵したり、エネルギーに変換したり、体内に入ってきたアルコールを、分解して無毒化したりしてくれます。

これらの酵素は、細胞のDNA配列を形成する20種類のアミノ酸が数十個から数百個つながって作られる、タンパク質の一種です。

・・・という具合に、生物学的に説明すると、ちょっと難しくなっちゃいますね。

生物にとって無くてはならない重要な要素なのです。まるで、「靴屋の小人」。いや、それ以上?

今もあなたの体の中で、たくさんお世話をしてくれているのですね。

酵素の種類

私たちの体で働く酵素は、数え切れないほどたくさんの種類があります。そして、その仕組みは奥深く、まだ学術的に解明されていないこともたくさんあります。

ここでは、そんな酵素たちの一例として、代表的な2種類をご紹介しましょう。

消化酵素

栄養素を「砕く小人さん」です。

ご飯をよく噛んでいると、だんだん甘みが増してきませんか?これは、唾液に含まれた消化酵素「アミラーゼ」がご飯のデンプンを糖に分解しているためです。

消化酵素は口の中、胃、膵臓、腸に含まれていて、食べ物の栄養分を細かく細かく分解し、体に吸収しやすくしてくれます。

代謝酵素

分解された栄養素を、体内で使える物質に「作る小人さん」です。

消化酵素によって分解された栄養は、血管や肝臓を経て体の隅々に送られ、体を動かすエネルギーになったり、細胞を形成する材料になったり必要な時にいつでも使えるように貯蓄されたりします。

このように、分解された栄養が、化学反応によってさまざまな形に変換されることを代謝といいます。

この化学反応による代謝を助けているのが、代謝酵素です。

代謝酵素は、他にも、ホルモン生成、毒素分解、神経伝達物質の合成・分解とさまざまな仕事をしてくれます。

酵素がちゃんと働くには?

体温

体温が低いと、酵素の活性も鈍くなります。つまり、代謝が落ちて体の巡りが悪くなるのです。

酵素がよく働く温度は、37℃ぐらいといわれています。風邪を引いて熱が出た時は、酵素が活性化して体内のウィルスを退治している状態です。とはいえ、42℃以上になると酵素の生成に障害が生じます。

基礎体温を高く保つことが、体内酵素の活性化には大切です。

ビタミン

もう一つ、酵素が働く時に欠かせないのが「補酵素」といわれるビタミンです。

  • とくにビタミンB群は、代謝酵素には欠かせない大切なパートナーです。
  • ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせません。

ビタミンは体内では微量しか生産されないため、食べ物やサプリメントから積極的にとる必要があります。

ミネラル

酵素のもう一つのパートナーは「金属イオン」といわれるミネラルです。

具体的には、銅、鉄、マグネシウム、マンガン、亜鉛、セレン、モリブデン、ニッケルがさまざまな酵素と結びつくことで活性化する「金属イオン」として知られています。

ミネラルはさまざまな食べ物に微量に含まれていますので、「○○を食べなきゃ」と気にしすぎる必要はありませんが、なるべく多種類の食品を食べて補うことが大切です。

まとめ。

消化酵素と代謝酵素。

私たちの身体の中では、いろいろな酵素が働いて、身体を維持してくれているんですね。

この酵素を鈍らせると、身体の巡りが悪くなり、病気や肥満の原因に。基礎体温を上げて、ビタミンとミネラルを含んだバランスのよい食事を心がけましょう。

さらにVol.2では、それぞれの酵素の働きと、酵素の仕組みを踏まえた賢いダイエットポイントをご紹介します。

お楽しみに!